ニュースレター

2019年 1月 15日発行
こんにちわん!今日は犬の生涯にかかる費用についてのお話です。
動物を飼うことは、お金のかかることです。
モノなら購入するときにしかお金はかかりません。
ですが動物は生きています。食べ物を食べなければ生きられませんし
病気にもなります。

生涯にかかる費用、想像したことはありますでしょうか?

これは小型犬、室内飼い、病気にも一切かからず、健康で20歳まで
生きた場合の計算です。

最初にかかる費用
○生体代金・・・200000円
○サークル、トイレ、ベッドなど・・・20000円

毎月かかる費用
○ペットシーツ・・・2000円 1年24000円  20年480000円
○ドッグフード・・・3000円 1年36000円  20年720000円

病院系(義務)
○狂犬病の予防接種・・・・・・3000円   20年60000円
○混合ワクチン接種・・・・・・8000円   20年160000円
○フィラリア予防薬・・・・・・10000円   20年200000円
○去勢手術・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30000円
 
その他消耗品
○おもちゃ・首輪等・・1500円  1年18000円  20年360000円
○お洋服・おやつ等・・2000円  1年24000円  20年480000円
○トリミング ・・・・・5000円  1年60000円  20年1200000円

ーーーーーーーーーーーーーーー

月13500円    年184000円    生涯(生体代金含む)3910000

生涯にかかる費用は約400万!
但し、病気にかからず一生終える犬はほとんどいません。
この計算には、健康診断代やペット保険料も入っていないので
実際にはもっとかかってくると思います。
病気で手術になった場合、数十万、持病やアレルギーなど持った犬
であれば、通院、お薬、治療にお金がかかります。