ニュースレター

2018年 10月 15日発行
こんにちわん!今日はヒゲ切りについてのお話です。
犬のヒゲ切り。猫はヒゲ切りしませんよね?
どうしてでしょう。
感覚器としての役割がとても大きいからです。
ヒゲを切ってしまうとバランス感覚が無くなって
うまく歩けなくなります。
触覚として周りとの距離を計ったり、風を感じたり
とても重要な役割を果たしているから猫のヒゲは切りません。

では犬はどうでしょう?
猫ほど感覚器として重要な役割はありませんが、
全く機能していない訳ではありません。
わんちゃんのヒゲを触ってみてください。
ピクっ!としませんでしたか?
手を近づけるだけでもヒゲを近づけようとしませんでしたか?

特に目の悪いわんちゃんはヒゲを頼りに周囲の情報を
キャッチしていると考えられるのです。
そのヒゲを切られると物にぶつかりやすくなってしまいます。

ヒゲ切りのメリットは飼い主様の好みで見た目がスッキリすること。
それ以外のメリットは特に無いのです。
デメリットは、
敏感なお鼻周りを触られることによるストレス、視力の弱い犬は
特に周りにぶつかりやすくなったり、感覚が鈍くなること。

当店の方針としてトリミングの時に基本的には
ヒゲ切りは行っていない理由はここにあるのです。